読み込み中

児童発達支援で行われるABAは発達障害のある子供に効果的

自分の子供には発達障害があるため、自閉症児や発達障害患者の問題行動を改善する目的として、ABAなどの児童発達支援を受けています。

ABAはAppliedBehaviorAnalysisの略称であり、児童発達支援の一つとして専門家の監修の元でこのABAを積極的に導入している児童発達支援&放課後等デイサービスに子供を通わせることで、療育と運動を通じて子供の心と身体の成長を促して施設に通う人たちと積極的に関わることによって、実際に同じ症状を持つ人と友達を作る能力を身に付けることができることが1番の魅力に感じました。

元々は人と協調して何かをしたり、チームワークで取り組むことが苦手だった我が子でしたが、この施設で療育と運動を通じて物を分け合ったり、順番を守ったり、友達を作って会話をするなどの基本となるコミュニケーションができるようになったことが何より嬉しかったです。

運動療育は成長期にしっかり取り入れることで身体を健康にすることはもちろん、バランス感覚や俊敏さを身に付けることができるので、以前は子供の怪我が多いことが悩みでしたが自分で限度を知りコントロール出来るようになったので、怪我の回数が減ったと感じています。

そして児童発達支援&放課後等デイサービスで行われている運動療育を通じて、今まで出来なかった身体の動きが出来たことによる達成感や、喜びが自信に繋がったようで以前よりも積極的で前向きな性格になりました。

三郷市の児童発達支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です