読み込み中

幼稚園での3年間の成長

長男が3年間通った幼稚園は、明るくて笑顔いっぱいの素敵なところでした。裸足保育を推奨しているこの幼稚園では、子どもたちが裸足になって泥だらけになりながら、自由に楽しく遊ぶ姿がとても印象的でした。

少し内気な長男は、幼稚園に入園したてのころは、門の所で泣き叫び、いやだー!と言いながら、先生に抱えられて教室に連れて行かれていましたが、だんだん慣れてくると、幼稚園が大好きになり、先生やおともだち、幼稚園の遊具のことやお遊びのことを楽しそうに話してくれるようになりました。

年中のころは、長男は少し情緒不安定な時期があり、幼稚園に行くことを少し憂鬱に思うこともあったようです。それでも頑張って幼稚園に通い、年長になると、そんな悩みも解決して、仲の良い友達もたくさんでき、また、幼稚園の中では1番お兄ちゃんのクラスだから、ということで、お母さんと離れるのが嫌で泣いている年少の子たちを気遣って、一緒に遊ぼう、と誘っている姿を見た時は、本当に成長したなぁと感じました。

卒園するときに、長男にどんな気持ちか聞いてみたら、ちょっぴり寂しいけど、また皆に会えるし、小学生になるのが楽しみ!と言っていたので、良い幼稚園で色々なことを学び、頼もしくなってくれたなと嬉しく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です