読み込み中

三つ子の魂百まで!?

息子は生まれたとき酷いアレルギー反応が特に顔に出て2才位まではなかなか外に出ないため私と過ごすことが多い日々でした。

顔が落ち着いたら、食物アレルギーであることがわかり、除去食で外食や家族以外の誰かと食べることも殆どありませんでした。近くの児童館や公園に行くようになっても、なかなか人がいると遊ぼうとせず、ずっとお友達が遊ぶのをずっと見ている子でした。

そんな中、息子に妹ができ、なかなか外に連れていけなくなるのと、食物アレルギーがだいぶ落ち着き除去するものを徐々に解除する時期にきたので思い切って保育園に預けることにしました。

保育園では、初めは一人で遊ぶことが多かったようですが少しずつお友達とも関わり始めました。ちょうどそのころ保育園では運動会の練習が始まったところでした。息子は毎日みんなが躍ったり体操したりを一緒には行わず、ひたすら固まってみていたようです。

毎日今日も一緒にはしてくれませんでした。と先生から。ですがある日お迎えに行くと先生が飛んできて息子が今日はじめて一緒に踊ってくれました!と。しかも完璧でした!と。毎日息子は体は動かさずしてイメージはしていたのでしょう。そう思うと児童館や公園でほかのお友達をずっと見ていただけではなかったと気づきました。

彼は遊んでるつもりだったのでしょう。長くあまり多くの人と関われる機会が極端に少なかったことが彼に悪い影響を与えているのではと悩んでいましたが、彼は彼なりのやり方でペースで成長していってるんだと教えられました。そんな息子も高校生です。行けるかどうかわかりませんが、東大を目指して日々奮闘する姿はあのころの彼をも思い出させてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です